* *

会社沿革

Home » 会社概要 » 会社沿革

会社沿革

1967/10
現、取締役会長塩貝義則の個人企業にて京都市右京区嵯峨にシオガイ鉄工所として、工作機械の修理およびオーバーホールを主に創業開始。
1972/1
立形汎用フライス・旋盤を導入し、自ら加工・組立業務開始。
1980/9
業務の拡張に伴い、京都府久世郡久御山町に移転。
1987/9
業界の数値制御化時代に入ると共に、NCフライスを導入し省力化、合理化を進める。
1989/9
半導体関連の需要の増大につれ、他品種且つ高精度が望まれる中で、そのニーズに対応すべくマシニングセンターを導入し、同時にコストの低減を実現。
1992/1
個人企業から法人化し、有限会社シオガイ精機を設立。機械加工部門・自動機組立部門を発足。

1993/6
自動機・省電力化機械の一体化・大型化による大型部品に対応するため、門型マシニングセンターを導入。平面精度の向上、高品質商品への対応に努める。
1995/10
専用組立工場を併設し、各種自動機設計から加工・組立への体制整える。
1995/12
宇治市に槇島工場を確保。機械製缶 、精密製缶、精密板金を主に、更にシステム受注に向けた体制作りに入る。
1997/7
関係先のご要望に応えるため、有限会社より株式会社シオガイ精機に社名を変更。
2000/9
生産量増大に伴い、大型門型五面加工機及び各種加工サイズのマシニングセンターを増設。
2001/5
生産性アップと各製造工程の管理を徹底させる為に、自社専用の納期管理システムを導入。

2003/11
現在の久御山町の佐山新開地へと本社工場を新設移転し、超大型加工及び、中型、小型の部品そして、板金、製缶溶接及び、装置組立までの一貫した製造をより強化する。
2004/11
関西初の大型門型五面加工機を導入し、大型装置のフレームや真空チャンバーに対応し、お客様へのトータルマニュファクチャリングにおいてさらに貢献する。
2005/1
シオガイ精機資材調達部の海外部品調達部門を分社化し、シオガイアジアトレーディングを新設し、中国をはじめ各アジア諸国においてグローバル調達を実施。
2005/9
アジア諸国をはじめ世界各国への部品供給の強化を図るために、ベトナムホーチミンドンナイ省アマタ工業団地にシオガイ精機ベトナム有限公司を設置。

2006/3
東日本地区における販売体制の確立とお得意様各位へのサービス向上及び全国展開を目指し、東京支店を開設。
2006/9
グローバル実現化に伴い、更なる品質の良い製品を供給していく為にISO9000:2000年版品質マネジメントシステムを取得。
2006/11
本社近くの南工場を新たに建築し、設計部門と組立工場を設置する。
2007/1
シオガイアジアトレーディングを森工場から南工場三階棟に移転し、トータルシステムの構築と更なる飛躍をさせる。
2010/9
ベトナムの北部の需要に対応、ハノイ近郊のフンイェン省に、シオガイ精機ベトナム フォーノイ工場を展開。
2011/1
ASEAN諸国の急速な発展と需要に対応するために、シオガイアジアトレーディング シンガポール事務所を開設。
2015/2
京都リサーチパーク内に営業本部を開設し営業業務を一本化する。 それに伴い東京支店を廃止。

このページの先頭へ